カトリック 英神父の説教集 ○キリスト教のおはなし○

☆。・:*:・゚☆。・:*:・゚☆。・:*:・゚☆。・:*:・゚☆。・:*:・゚☆。・:*:・゚☆。・:*:・゚☆。・:*:・゚☆。・:*:・゚このブログは、イエズス会の英(はなふさ)神父の公式サイトと連携しています☆ ☆。・:*:・゚☆。・:*:・゚☆。・:*:・゚☆。・:*:・゚☆。・:*:・゚☆。・:*:・゚☆。・:*:・゚☆。・:*:・゚☆。・:*:・゚☆。・:*:・゚☆。・:*:・゚☆。・:*:・゚☆。・:*:・゚☆。・:*:・゚☆。・:*:・゚☆。・:*:・゚☆。・:*:・゚☆

2016-01-17 最上のぶどう酒

英神父 ミサ説教                                                     聖イグナチオ教会於

ヨハネによる福音書 2章1-11節 ガリラヤのカナで婚礼があって、イエスの母がそこにいた。イエスも、その弟子たちも婚礼に招かれた。ぶどう酒が足りなくなったので、母がイエスに、「ぶどう酒がなくなりました」と言った。イエスは母に言われた。「婦人よ、わたしとどんなかかわりがあるのです。わたしの時はまだ来ていません。」しかし、母は召し使いたちに、「この人が何か言いつけたら、そのとおりにしてください」と言った。そこには、ユダヤ人が清めに用いる石の水がめが六つ置いてあった。いずれも二ないし三メトレテス入りのものである。イエスが、「水がめに水をいっぱい入れなさい」と言われると、召し使いたちは、かめの縁まで水を満たした。イエスは、「さあ、それをくんで宴会の世話役のところへ持って行きなさい」と言われた。召し使いたちは運んで行った。世話役はぶどう酒に変わった水の味見をした。このぶどう酒がどこから来たのか、水をくんだ召し使いたちは知っていたが、世話役は知らなかったので、花婿を呼んで、言った。「だれでも初めに良いぶどう酒を出し、酔いがまわったころに劣ったものを出すものですが、あなたは良いぶどう酒を今まで取って置かれました。」イエスは、この最初のしるしをガリラヤのカナで行って、その栄光を現された。それで、弟子たちはイエスを信じた十

 今日の福音書はヨハネの二章で、イエス様の最初のしるし、水をぶどう酒に変えるという、イエス様がなさった最初の奇跡になるわけです。結婚式のお祝いの席でぶどう酒に変えるというのが、イエス様の最初の奇跡だったのは、微笑ましい気がします。
結婚式でぶどう酒が無くなったら、座がしらけてしまうような。結婚式の最後で、ラビがぶどう酒と共に祝福しないと式が終わらないということもあり、マリアさまが困難な状況を、いわば執り成すかたちで、イエス様が奇跡を行われることになる。
イエス様が変えたのは特上のぶどう酒で「だれでも初めに良いぶどう酒を出し、酔いがまわったころに劣ったものを出すものですが、あなたは良いぶどう酒を今まで取って置かれました。」というから、世話役の人はぶどう酒がおいしくて驚いたのでしょうね。ちなみにわたしもぶどう酒は嫌いではないので、どういう味だったのか気になって、これが赤だったのか白だったのか、イエス様がなさったことだからおいしかっただろうし気になる。イスラエル巡礼へ行くと、観光地のカナにワインが売っているんですけれど、それはあんまりおいしくないですが、イエス様の変えられたぶどう酒は、さぞ美味しかったでしょう。
ここで世話役が言うんですね。「だれでも初めに良いぶどう酒を出し、酔いがまわったころに劣ったものを出す」というんですけれども、はじめに良くて、それがだんだん悪くなるというんですが、考えてみたらわたしたちの人間的な在り方を語っているかもしれない。わたしたちの人との関わりにしろ、もしかしたらこういうことがあるかもしれない。
青年と関わりがあるんですけれども、就職するときは元気いっぱいで、しばらくしたら上司に言われたとか仕事がつまんないとか言い出し、だんだんと沈んでいく。はじめは良かったのだけれど、だんだん劣ってしまうような。
結婚も、もしかしたらそうかもしれない。結婚式の時は幸せの絶頂で、どんなに素晴らしい家庭を築けるかと思うけれど、暮らしていって、だんだんと相手の欠点が出てきて耐えられなくなっていく。はじめは良かったけれども、だんだんと劣ったものに。急に劣ったわけではなく、もともとみえてなかっただけでしょうが、劣ってしまって、なんとなくがっかりしてしまう、あるいは力を失ってしまう。
信仰生活もそうかもしれない、特に成人洗礼の方だったら。洗礼式の時には盛り上がって、神の恵みを感じて、新しく生きていこうと決意しても、信者さんはいい人かと思っていたら変な人が多かったり、神父様も素晴らしい人かと思ったらそうでもなかったりとか。洗礼を受けて生活が変わるかと思ったらそうでもない。だんだんと神様への熱も冷めてきて、はじめは良かったけれども、だんだんと劣ってしまうことは、わたしたちの生活でもありがちなことかもしれない。
でももしかしたら、そこからが本当のわたしたちのスタートかもしれない。マリア様がそこではっきりと「ぶどう酒がなくなりました」と言う。わたしたちの喜びとか生きがいとか、関わり合いとか親しさだとか、そういうものが無くなったと、マリア様はイエス様に素直にお願いするわけですね。イエス様はそれを聞いて渋々のように言われますが。
わたしたちもマリア様にならって、素直にイエス様に、最初は良かったけれども今は難しいですとか、なんとか助けてくださいとか、わたしたちが願うことはできると思いますけれども。イエス様はほっとかれると思ったらそうではなくて、お母さんにはちゃんと答えられずに、マリア様が召し使いに「この人が何か言いつけたら、その通りにしてください」と言って、ここから困難が打開されていく道が示されるわけですね。
召し使いたちは驚いたと思います。「水がめに水をいっぱい入れなさい」とイエス様が言われた。問題はぶどう酒で、召し使いもなんとなく分っていて、買いに行かなければとか思っていたのに、全然関係ないことをイエス様は言われる。召し使いたちは何を言われてるか分からないけれど、それに従って水を入れた。そしてイエス様はそれを「宴会の世話役に持って行きなさい」と言われて、その水が最上級のぶどう酒に変っていったことで、この困難が乗りきられたわけですね。はじめよりもっと良いぶどう酒をみんな味わうことができた。
きっかけはマリア様のお願いと、召し使いのイエス様に対する忠実に従った行いによって、そこで変ったわけです。
もしかしたらみなさんにも劣ったものがあって、喜びとかがなくなっているとしたら、イエス様に聞かなければならない。遠回りのことをイエス様は言うかもしれないけれども。考えたら簡単なことかもしれない、水をくむとか運ぶとか。でもぶどう酒とは全く関係ないけれども、まずそこからしなければ、この事態が打開できなかった。
たとえば仕事や夫婦がうまくいかない、信仰生活が行き詰るとしたら、もう少し手前のところから、何かしなければならない事があるのだと思います。それをすることによって、もっとおいしいぶどう酒が、わたしたちは味わえるというふうに、この物語をとおして、主が約束してくださっている。
逆にぶどう酒が無くなっていなければ、最上級のぶどう酒は味わえなかったわけですが。今、みなさんが喜びがなかったりとか、行き詰っているとか、初めは良かったけれど、だめだったというのは、イエス様の力が働いてくださるチャンスが訪れたと、考えることができる。ただ待っているだけではだめで、マリア様のようにお願いして、イエス様が望むことを、難しいか難しくないかはともかく、関係するかしないかはともかく、それを果たしていく。
清めのための水ですから、悔い改めを意識しているかもしれない。わたしたちの生き方を見直しなさいということかもしれないし、わたしたちの日常生活をちゃんとやりなさいということかもしれない。
イエス様が今、望んでいることをわたしたちが忠実に果たすなら、その危機の中でも、困難の中でも、それを通して、神様がわたしたちに最上級のぶどう酒を、分かち合ってくださる。これこそがわたしたちのクリスチャンのお恵みだと思います。
仕事でもそうでしょう。何年もやって喜びや、やりがいがわかってくる。夫婦でもそうだと思います。最初は麗しい誤解かもしれないけれども、でも5年10年たつうちに、心が通うようになるならば、それこそ本当のぶどう酒だと思います。
信仰生活も同じだと思います。洗礼を受けた時はまだ何も分かっていないわけで、洗礼を受けたあとから、いろいろなことを通りながら、回心したり振り返ったり、神様を新たに見いだすことによって、本当の信仰の喜びが見いだせると思います。
わたしたちがいつもさらに良いお恵みを、主が用意してくださっている。そのお恵みを味わえるように、そのためにこそわたしたちは、マリア様の信仰、召し使いの従っていく態度にならって、わたしたちが本当の喜びを主がくださる、いつもより良い喜びを、味わっていくことができるように、お祈りしたいと思います十

 ☆。・:☆:・゚☆。・:☆:・゚☆。・:☆:・゚☆。・:☆:・゚☆。・:☆:・゚☆。・:☆:・゚☆。・:☆:・゚☆。・:☆:・゚☆。・:☆:・゚☆

第一朗読 イザヤの預言 62章1-5節


 シオンのために、わたしは決して口を閉ざさず

 エルサレムのために、わたしは決して黙さない。

 彼女の正しさが光と輝き出で

 彼女の救いが松明のように燃え上がるまで。

 諸国の民はあなたの正しさを見

 王はすべて、あなたの栄光を仰ぐ。

 主の口が定めた新しい名をもって

   あなたは呼ばれるであろう。

 あなたは主の御手の中で輝かしい冠となり

 あなたの神の御手の中で王冠となる。

 あなたは再び「捨てられた女」と

        呼ばれることなく

 あなたの土地は再び「荒廃」と

        呼ばれることはない。

 あなたは「望まれるもの」と呼ばれ

 あなたの土地は「夫を持つもの」と呼ばれる。

 主があなたを望まれ

 あなたの土地は夫を得るからである。

 若者がおとめをめとるように

 あなたを再建される方があなたをめとり

 花婿が花嫁を喜びとするように

 あなたの神はあなたを喜びとされる。

第二朗読 コリントの信徒への手紙 第一 12章4-11節


 (皆さん、)賜物にはいろいろありますが、それをお与えになるのは同じ霊です。務めにはいろいろありますが、それをお与えになるのは同じ主です。働きにはいろいろありますが、すべての場合にすべてのことをなさるのは同じ神です。一人一人に“霊”の働きが現れるのは、全体の益となるためです。ある人には“霊”によって知恵の言葉、ある人には同じ“霊”によって知識の言葉が与えられ、ある人にはその同じ“霊”によって信仰、ある人にはこの唯一の“霊”によって病気をいやす力、ある人には奇跡を行う力、ある人には預言する力、ある人には霊を見分ける力、ある人には種々の異言を語る力、ある人には異言を解釈する力が与えられています。これらすべてのことは、同じ唯一の“霊”の働きであって、“霊”は望むままに、それを一人一人に分け与えてくださるのです十

 

☆。・:☆:・゚☆。・:☆:・゚☆。・:☆:・゚☆。・:☆:・゚☆。・:☆:・゚☆。・:☆:・゚☆。・:☆:・゚☆。・:☆:・゚☆。・:☆:・゚☆