カトリック 英神父の説教集 ○キリスト教のおはなし○

☆。・:*:・゚☆。・:*:・゚☆。・:*:・゚☆。・:*:・゚☆。・:*:・゚☆。・:*:・゚☆。・:*:・゚☆。・:*:・゚☆。・:*:・゚このブログは、イエズス会の英(はなふさ)神父の公式サイトと連携しています☆ ☆。・:*:・゚☆。・:*:・゚☆。・:*:・゚☆。・:*:・゚☆。・:*:・゚☆。・:*:・゚☆。・:*:・゚☆。・:*:・゚☆。・:*:・゚☆。・:*:・゚☆。・:*:・゚☆。・:*:・゚☆。・:*:・゚☆。・:*:・゚☆。・:*:・゚☆。・:*:・゚☆。・:*:・゚☆

2018-04-08 魂の食事

英神父 ミサ説教   聖イグナチオ教会於  初聖体

ヨハネによる福音書 20章19-31節 その日、すなわち週の初めの日の夕方、弟子たちはユダヤ人を恐れて、自分たちのいる家の戸に鍵をかけていた。そこへ、イエスが来て真ん中に立ち、「あなたがたに平和があるように」と言われた。そう言って、手とわき腹とをお見せになった。弟子たちは、主を見て喜んだ。イエスは重ねて言われた。「あなたがたに平和があるように。父がわたしをお遣わしになったように、わたしもあなたがたを遣わす。」そう言ってから、彼らに息を吹きかけて言われた。「聖霊を受けなさい。だれの罪でも、あなたがたが赦せば、その罪は赦される。だれの罪でも、あなたがたが赦さなければ、赦されないまま残る。」 十二人の一人でディディモと呼ばれるトマスは、イエスが来られたとき、彼らと一緒にいなかった。そこで、ほかの弟子たちが、「わたしたちは主を見た」と言うと、トマスは言った。「あの方の手に釘の跡を見、この指を釘跡に入れてみなければ、また、この手をそのわき腹に入れてみなければ、わたしは決して信じない。」さて八日の後、弟子たちはまた家の中におり、トマスも一緒にいた。戸にはみな鍵がかけてあったのに、イエスが来て真ん中に立ち、「あなたがたに平和があるように」と言われた。それから、トマスに言われた。「あなたの指をここに当てて、わたしの手を見なさい。また、あなたの手を伸ばし、わたしのわき腹に入れなさい。信じない者ではなく、信じる者になりなさい。」トマスは答えて、「わたしの主、わたしの神よ」と言った。イエスはトマスに言われた。「わたしを見たから信じたのか。見ないのに信じる人は、幸いである。」 このほかにも、イエスは弟子たちの前で、多くのしるしをなさったが、それはこの書物に書かれていない。これらのことが書かれたのは、あなたがたが、イエスは神の子メシアであると信じるためであり、また、信じてイエスの名により命を受けるためである十

 今日はたくさんの子供たちの初聖体の式です。初めて、このご聖体というキリストの体をいただく。この後の聖体拝領の時にいただくことをするわけです。みなさんに考えてもらったらいいんですけれども、食べるということ。何かを食べる、みなさん食事をしたり、色んなものを食べているけれども、どういう食べ物が好きですか?一人一人あるでしょう。わたしも考えたら、卵焼きとか、焼きそばとか、プリンとかが好きなんですけれども(笑)みなさん一人一人好物というか、これを食べたいなというものがあると思います。でも自分にとって食べたいものだけを食べていたら、だいたいお母さんに怒られるでしょう。自分の好きなものばかり食べてないで、これも食べなさいと言われるでしょう。ハンバーグやチョコレートばかり食べていたらお母さんに怒られることもあると思います。では何のためにわたしたちは食事をするのか。食事をする時に一番大切な事は何だと思いますか?食事は何のためにするかといったら、自分の体に栄養になる物を食べなければならないんです。自分の体を養うために。だから自分が嫌いな物も食べなければならない。食べるという事は、体の栄養のために自分の体に大切なものをちゃんと食べることが、食事で一番大事なんです。では今日のみなさんが食べるご聖体というのはどういう栄養があると思いますか。こうしてみなさんは祭壇を囲っているけれども、一つの意味は食事のテーブルをイエス様と共に囲んでいるんです。そしてご聖体というイエス様の体をいただくんですが、栄養といっても小麦粉を固めているから、体の栄養としては大したことはないけれど、でも魂の栄養のために、ご聖体というのはものすごく大切な食べ物なんです。イエス様をいただくというのは、自分自身の信仰と、自分自身の魂を育てる、この世で一番栄養のある物なんですね。だからそれを今日いただくという事は、非常に大切な事です。みなさんのこれからの魂の成長と、信仰の成長のために、この栄養を摂ることは、欠かすことが出来ないんです。毎日食べなくてもいいんですけれども、日曜日ごとにこのご聖体をいただいて、少しづつみなさんの魂と、みなさんの信仰を成長させる大切な食べ物です。だから今日は初めてだから、みなさん今日は可愛らしい服を着ていますけれども、このような服を着て食べるぐらい、ものすごく大切な事なんですね。それを心に思いながら今日のご聖体をいただいてください。そして出来れば毎週、お父さんとお母さんと一緒にミサに出て、魂の栄養になるご聖体をいただくようにしてください。でもただ食べればいいというものでもないんですね。普通の食事でも、テレビ観ながらとか、ゲームやりながらとかしたら、お父さんお母さんに怒られるでしょう。ちゃんとテーブルについて、マナーを守って食事はしなければならない。ベッドで寝ながらお菓子を食べたりしたら怒られるでしょう。食べるという事は、心掛けが必要なんです。どういうものかといったら、本当は感謝の気持ちで食べるのが大事なんです。一つ一つのごはんにしろお菓子にしろ、感謝の気持ちでいただくから、それはわたしたちの栄養になるんです。だから出来れば食前食後にお祈りをする。教会学校行ってからちゃんとお祈りしていると思いますが。だからこのご聖体をいただくということも、感謝の気持ちで祈りの心で預かるようにしてください。神父さんが長く何を言っているのか分からないでしょうけれども、でも気持ちは感謝の心を整えて、魂の一番栄養になる物をいただく。そういう心構えでいただくから、わたしたちの栄養になって、力になるんです。そのような事を心に留めながら、ご聖体を一番のご馳走だと思って、魂の本当の栄養になる物として、生涯大切にいただくようにしてください。そうすれば神様がイエス様がみなさんの心の中に働いて、神様の子として、喜びと平安の内に歩む事が出来ますから、このお恵みを生涯大切にして、歩むようにしてください十

 ☆。・:☆:・゚☆。・:☆:・゚☆。・:☆:・゚☆。・:☆:・゚☆。・:☆:・゚☆。・:☆:・゚☆。・:☆:・゚☆。・:☆:・゚☆。・:☆:・゚☆

第一朗読 使徒言行録 4章32-35節
 信じた人々の群れは心も思いも一つにし、一人として持ち物を自分のものだと言う者はなく、すべてを共有していた。使徒たちは、大いなる力をもって主イエスの復活を証しし、皆、人々から非常に好意を持たれていた。信者の中には、一人も貧しい人がいなかった。土地や家を持っている人が皆、それを売っては代金を持ち寄り、使徒たちの足もとに置き、その金は必要に応じて、おのおのに分配されたからである。

 第二朗読 ヨハネの手紙第一 5章1-6節
 (愛する皆さん、)イエスがメシアであると信じる人は皆、神から生まれた者です。そして、生んでくださった方を愛する人は皆、その方から生まれた者をも愛します。このことから明らかなように、わたしたちが神を愛し、その掟を守るときはいつも、神の子供たちを愛します。神を愛するとは、神の掟を守ることです。神の掟は難しいものではありません。神から生まれた人は皆、世に打ち勝つからです。世に打ち勝つ勝利、それはわたしたちの信仰です。だれが世に打ち勝つか。イエスが神の子であると信じる者ではありませんか。 この方は、水と血を通って来られた方、イエス・キリストです。水だけではなく、水と血とによって来られたのです。そして、“霊”はこのことを証しする方です。“霊”は真理だからです十

☆。・:☆:・゚☆。・:☆:・゚☆。・:☆:・゚☆。・:☆:・゚☆。・:☆:・゚☆。・:☆:・゚☆。・:☆:・゚☆。・:☆:・゚☆。・:☆:・゚☆

 

2018 年 4 月 8 日(日)10時ミサ 初聖体
復活節第2主日〈白〉B 年
 カトリック麹町教会 主聖堂於
  イエズス会 英 隆一朗 主任司祭 ミサ説教記