カトリック 英神父の説教集 ○キリスト教のおはなし○

☆。・:*:・゚☆。・:*:・゚☆。・:*:・゚☆このブログは、イエズス会の英(はなふさ)神父の公式サイトと連携しています☆。・:*:・゚☆。・:*:・゚☆。・:*:・゚☆

2019-01-06 主の公現

英神父 ミサ説教 聖イグナチオ教会於

マタイによる福音書 2章1-12節
イエスは、ヘロデ王の時代にユダヤのベツレヘムでお生まれになった。そのとき、占星術の学者たちが東の方からエルサレムに来て、言った。「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。わたしたちは東方でその方の星を見たので、拝みに来たのです。」これを聞いて、ヘロデ王は不安を抱いた。エルサレムの人々も皆、同様であった。王は民の祭司長たちや律法学者たちを皆集めて、メシアはどこに生まれることになっているのかと問いただした。彼らは言った。「ユダヤのベツレヘムです。預言者がこう書いています。『ユダの地、ベツレヘムよ、お前はユダの指導者たちの中で決していちばん小さいものではない。お前から指導者が現れ、わたしの民イスラエルの牧者となるからである。』」そこで、ヘロデは占星術の学者たちをひそかに呼び寄せ、星の現れた時期を確かめた。そして、「行って、その子のことを詳しく調べ、見つかったら知らせてくれ。わたしも行って拝もう」と言ってベツレヘムへ送り出した。彼らが王の言葉を聞いて出かけると、東方で見た星が先立って進み、ついに幼子のいる場所の上に止まった。学者たちはその星を見て喜びにあふれた。家に入ってみると、幼子は母マリアと共におられた。彼らはひれ伏して幼子を拝み、宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げた。ところが、「ヘロデのところへ帰るな」と夢でお告げがあったので、別の道を通って自分たちの国へ帰って行った十

 今日は主の公現の祝日にあたっています。この東方の三博士に代表される異邦人が、救い主であるイエス様を示されたということを記念している日です。特に東方教会はこの公現をクリスマスより大きく祝っていると言われています。ここに伝統的な東方の三人の博士が書かれています。彼らがどのようにしてベツレヘムまで旅をしてきたのか、想像を絶するような旅だったと思います。場所はわからないけれども、ペルシャやバビロニア、今でいったらイランやイラクだったと思われます。何百 km の距離を、高価な贈り物もありますから、キャラバンを作って、何日もかけて旅を続けてきたと思われます。しかも星を頼りに来たということですから、どのような形で旅をしたのか、難しい旅であったろうと思われます。なぜなら星が見えるのは夜だからです。夜でないと星が見えない。でも砂漠の中を夜に、大勢の人を連ねてキャラバンで砂漠を歩くのは、無理があったのではないかと思います。灯火を一晩中灯すわけにもいかないし、現実的に考えられるのは、夜に星の位置を確かめて、昼間になってから、推測するように、こっちの方向へ行こうと旅をしたのであろうと思われます。だから夜に星を見て昼間歩くので、誤差が生じると言うか、どうしてもずれてしまうのは、度々生じたであろうと思われます。でも昼間歩いてずれていても、夜には星を見て軌道修正をして、次の日に歩んでいった旅の仕方であろうと思われます。そしてそのような誤差が生じたから、エルサレムの神殿に行ってしまったわけです。星が示していたのはベツレヘムですから、昼間と夜の間の誤差の間で、王は宮殿で産まれるものだと彼らの思い込みが強かったので、星の導きよりも、人間的な考えで、エルサレムのヘロデ王のところに行ってしまったということです。痛恨のミスを犯したわけです。ご存知の通りこの後のお話で、ベツレヘム周辺で男の子が虐殺されたり、イエス様方はエジプトへ逃げなければならなくなったりというわけです。それはこの三博士の失敗から来ています。何で失敗したかというと、夜の星と昼間の道のりがずれているからです。でもこの三博士もヘロデ王の所に行って何かが違うと思ったでしょう。王が生まれていたとしたらみんな大喜びなのに、そうでもないし、三人の博士も間違えたのではないかと気づいたと思います。だから夜になって星を確かめに行ったら、ベツレヘムの方角に行っているのが分かって、彼らはイエス様のところにたどり着いたわけです。この三博士の旅とその失敗を見るにつけ、わたしたちの信仰生活のありかたに対する教訓ではないかと思います。夜空の星というのは、わたしたちが祈りの中で、振り返りの中で、神様の御旨はどこにあるのかということを見なければならない、そういう時だと思います。それは活動を休んだ夜の時間帯にしか見ることができない、導きの星だと思います。その星を見出して歩んでいくかどうか、わたしたちの信仰生活そのものです。それは昼間に働いたり活動したりしている時には、その星は見えないんです。だからわたしたちは今日一日仕事をしたり、日曜日だったら遊びに行ったり、その時は星が見えないんです。だからわたしたちの信仰生活の誤差が生じる理由です。御旨だと思っていても、昼間の混乱の中でそうではない人間的な思いや、利益、能率、人の意見に左右されたりしながら、働いたり活動しながら暮らしたりしているわけですが、夜に夜空を見て、星がどちらに導いているかを、わたしたちは絶えず振り返らなければならないと思います。夜空の星を全く見ないで、昼間だけ活動していたら、とんでもない方向に、ヘロデの宮殿に行くような大失敗するということが、わたしたちの人生でも起こり得るでしょう。でも昼間は星は見えないので、推測のうちに生活をしなければならないですけれども、でも夜、振り返らなければならない。わたしたちの歩みが神様の導きの星の方向性だったかどうか。それで絶えず軌道修正をしながら、神の御旨を果たして行くように呼ばれていると思います。夜空の星を見ないで、信仰生活を歩もうとしたら、それは大いなる失敗を繰り返してしまうでしょう。それを年の初めに心がけたいと思います。わたしたちの生活は、神の御旨を果たして行くところに、わたしたちの本当の生き方の意義があるのは間違いないからです。でも東方の三博士は二つの場所を見るわけです。ヘロデの宮殿と、ベツレヘムの馬小屋。彼らは長くいたわけではなく、礼拝しただけで帰るわけで、イエス様の説教も聞かなかったし、何の教えも聞かないままだったわけです。でも二つの場所を見たことが、彼らの生き方を決定的に方向づけたでしょう。ヘロデの宮殿という、王がいるのが当たり前の場所に本当の王がいない。その気づきと、本当の王がいるのは、ベツレヘムの貧しい馬小屋の中で、本当の王に出会えたという。それは彼らの生き方に決定的な影響を与えたのは間違いありません。本当に価値があるのはどこにあるのかと言うと、彼らもはっきりと学ぶことができたと思います。わたしたちもヘロデの宮殿のように捕われがちですけれども、ついつい便利でいい暮らしをしようとか、この世的に考えて、ついつい歩みがちですけれども、本当に救い主が生まれたのはベツレヘムの馬小屋で、しかもその赤ん坊こそ、心からわたしたちたちが礼拝して従っていかなければならない、その一つのはっきりした価値観を、その三博士に示したわけです。それはわたしたちにも示されていると思います。夜空の星にしてもそうでしょう。東京の夜空には星はあまり見えませんが、わたしたちの世俗的な生活が、夜の時間までも脅かされているという気もしますが、夜空の星、あるいはベツレヘムの馬小屋、この世的にはどうということもない小さなものの中に、本当の神様の御旨がある。そこに喜びと平安が隠されているわけです。それを学ばなければならない。それに従って歩んでいかなければならないと思います。三博士は「学者たちはその星を見て喜びにあふれた。」ベツレヘムの馬小屋を示す、その星を見たときに喜びにあふれたと、はっきり書いてあります。多分ヘロデ王の宮殿では、歓待を受けたでしょうけれども、このような喜びには溢れなかっただろうと思われます。本当の喜びは貧しく小さいけれども、神の御旨に従って行く時にこそ、わたしたちの心に本当の喜びが溢れるのではないか。わたしたちはそのような星の導き、馬小屋におられるイエス様を大切にしながら、この世のものとか、自分自身の欲望とか、この世の価値観に振り回されないで、神様の示すものを、わたしたちが謙遜な心で受け取り、そしてそれを生きる喜びを、今年味わうことができるように、共に祈りを捧げましょう+

第一朗読  イザヤ書 60章1-6節
(エルサレムよ、)起きよ、光を放て。あなたを照らす光は昇り主の栄光はあなたの上に輝く。見よ、闇は地を覆い暗黒が国々を包んでいる。しかし、あなたの上には主が輝き出で主の栄光があなたの上に現れる。国々はあなたを照らす光に向かい王たちは射し出でるその輝きに向かって歩む。目を上げて、見渡すがよい。みな集い、あなたのもとに来る。息子たちは遠くから娘たちは抱かれて、進んで来る。そのとき、あなたは畏れつつも喜びに輝きおののきつつも心は晴れやかになる。海からの宝があなたに送られ国々の富はあなたのもとに集まる。らくだの大群ミディアンとエファの若いらくだがあなたのもとに押し寄せる。シェバの人々は皆、黄金と乳香を携えて来る。こうして、主の栄誉が宣べ伝えられる。

第二朗読  エフェソの信徒への手紙 3章2,3b,5-6節
(皆さん、)あなたがたのために神がわたしに恵みをお与えになった次第について、あなたがたは聞いたにちがいありません。初めに手短に書いたように、秘められた計画が啓示によってわたしに知らされました。
この計画は、キリスト以前の時代には人の子らに知らされていませんでしたが、今や“霊”によって、キリストの聖なる使徒たちや預言者たちに啓示されました。すなわち、異邦人が福音によってキリスト・イエスにおいて、約束されたものをわたしたちと一緒に受け継ぐ者、同じ体に属する者、同じ約束にあずかる者となるということです十

 

 2019年 1 月 6 日(日)8時半ミサ
 主の公現〈白〉C 年 
 カトリック麹町教会 主聖堂於
  イエズス会 英 隆一朗 主任司祭 ミサ説教記